事業用物件に投資している不動産リートを買った。


株式での運用はなかず飛ばず。外貨預金では、円高どまりで塩漬け状態。そろそろ、つかりすぎではないかと思うほど年月が経っている。金投資は純金積立なるもので、若干のプラスとなっている。株式に投資しても大きく値上がることは期待できないうえに、配当は決算になると良い意味でも悪い意味でもサプライズにより左右される。もう少し、良いものはないかと探したのが不動産リートだった。初めて検索したものはどうやら事業用物件に投資しているらしい。

ホームページを見てみると、随分沢山のオフィスビルが一覧になっていた。その中には、近所にあるものや知っているオフィスビルもあって、こんなに沢山の事業用物件に投資しているのかとびっくりした。しくみは、多くの投資家から出資金を募り、金融機関からの借入も合わせて物件を取得するといった流れ。その投資口を株式市場で売買しているのだ。運用会社は、例外もあるようだが、大手ディベロッパーの関連会社であったりすることが多い。

そもそも、個人で事業用物件に投資するということが考えられない以上、この不動産リートはなかなか魅力的に映った。価格を調べてみても数十万円程度と、実物不動産で投資するよりも相当投資額を抑えられるし、何と言っても、株式市場で売買されているので、自分が換金したいときに価格さえこだわらなければ、換金できてしまうところがすばらしい。さらに不動産投資に似たものであるのに、手間がかからないというところが自分には魅力的だった。