事業用物件は、適材適所で考えましょう

ある、激安ラーメンチェーン店は、そのクオリティを保つために、あらゆる工夫をしています。例えば、ショップを構える場合、電車の走っているすぐ下とか、高速道路の真下とか、お世辞にもいい場所とはいえないところを選んで、イニシャルコストを安くしているらしいです。普通に、ラーメンを食べるなら、何の問題も無いですし、むしろ、人間自体は沢山存在する場所なので、いいくらいです。こんな感じで、事業用物件は、目的によって良くも悪くもなるので、適材適所で考えるのが効率がいいでしょうね。

他には、大人のおもちゃなど、需要はあるものの、コッソリ入りたいみたいな場所の場合、あまりにも目立ちすぎると、よくありません。目立たないほうがいいのは、保険屋もそうらしく、向こうから入らせてくれと言う人は、実は病気なのを隠しているとか、何かうらがある事が多いので、勧誘を積極的にして、相手から来るのは目立ちにくくしていると、業界の人の聞いた事があります。人気連載漫画でも書いてあったので、間違いないでしょう。このように、事業用物件は、全てにおいて適している場所というのはありえないのです。

とはいえ、一般的に優れた立地と言われている場所にある、事業用物件はかなり高額になります。買い取る場合は、不可能な金額を提示してありますし、借りるにしても、かなり高い家賃になります。しかし、自分の事業内容にとって、かなり優れていながら、一般的な認識においてお世辞にも良いといえなければ、安くなってしまうので、不思議なものです。そう考えると、企業を考えているけど、内容において、選択肢を迷っている人は、手の届く事業用物件から、何をするか考えてもいいかもしれませんね。

ウィークリーマンションを提供

大田区の事業用物件

事業用物件と言ってもいろいろな用途があります。例えば、オフィスとして使う場合もあれば、工場として使う場合もあります。店舗として使う場合もあれば、社宅などの社員寮として使う場合、そして店舗兼住宅として使う場合もあります。上ものは要らないので土地だけほしいと言う場合もあります。今回はそんな事業用物件の中でも、主に工場や倉庫として使うことを想定した物件を紹介したいと思います。これらの物件の特徴について説明したいと思います。


まず、あまり住宅密集地にはないというところです。工場として稼動した場合に騒音が問題になりかねませんからね。そして広いです。倉庫として使う場合に狭ければ物がいっぱい収納できませんからね。そしてビル状の建物の場合、1棟丸ごとと言う場合が多いです。今回の事業用物件は住居がついた倉庫と言うことです。場所は東京都大田区。町工場が多く立ち並ぶエリアとして有名です。最寄り駅からは徒歩13分です。地上3階の鉄骨建築となっており、竣工されたのは1979年です。


土地面積は132平方メートル弱です。建物の面積は287平方メートルです。1階部分は倉庫と事務所となっており、3分の2ほどの面積を倉庫が占めております。2階は完全な倉庫です。3階は住居部分となっており、6畳の部屋が2つ、それよりは狭い部屋が2つ、そしてダイニングキッチンがあります。トイレやお風呂もついています。そして屋上もあります。駐車場もあります。この事業用物件の価格は7580万円です。これを高いと見るか安いと見るかはあなた次第です。

事業用物件に投資している不動産リートを買った。

株式での運用はなかず飛ばず。外貨預金では、円高どまりで塩漬け状態。そろそろ、つかりすぎではないかと思うほど年月が経っている。金投資は純金積立なるもので、若干のプラスとなっている。株式に投資しても大きく値上がることは期待できないうえに、配当は決算になると良い意味でも悪い意味でもサプライズにより左右される。もう少し、良いものはないかと探したのが不動産リートだった。初めて検索したものはどうやら事業用物件に投資しているらしい。


ホームページを見てみると、随分沢山のオフィスビルが一覧になっていた。その中には、近所にあるものや知っているオフィスビルもあって、こんなに沢山の事業用物件に投資しているのかとびっくりした。しくみは、多くの投資家から出資金を募り、金融機関からの借入も合わせて物件を取得するといった流れ。その投資口を株式市場で売買しているのだ。運用会社は、例外もあるようだが、大手ディベロッパーの関連会社であったりすることが多い。


そもそも、個人で事業用物件に投資するということが考えられない以上、この不動産リートはなかなか魅力的に映った。価格を調べてみても数十万円程度と、実物不動産で投資するよりも相当投資額を抑えられるし、何と言っても、株式市場で売買されているので、自分が換金したいときに価格さえこだわらなければ、換金できてしまうところがすばらしい。さらに不動産投資に似たものであるのに、手間がかからないというところが自分には魅力的だった。